不動産投資による節税について
2017.05.23

マンション不動産投資セミナーに参加すると、不動産投資は節税に繋がるのでおすすめという言葉を聞いたことがありませんか。これは事実で、上手く不動産投資を使えば、本来払う必要のある税金を節税することができるかもしれません。不動産も現金も財産ですが、価値の計算の仕方が異なってくるのが、この2つです。現金はいつまで経っても現金で、1000万円の価値は基本的に1000万円と見なされます。しかし、不動産の計算は少し異なってきて、減価償却という考え方が導入されていますので、購入した時は1000万円であっても、そこから時間が経過するにつれて価値が下がっていくのです。その価値の低下を損失と計算することができるので、総収入からこの損失分を引くことができてしまうのです。このため、不動産を購入することによって減価償却が発生している間は、収入によって発生する税金に関しては節税することができるのです。
また、不動産投資の節税のメリットとしてよく語られるのが、相続税の節税効果で、相続税を計算する際の評価額の算出に路線価と呼ばれる数値を使った、不動産特有の計算が行われるため、一般的に売却額よりも下の値段がつけられることが多いのです。さらに、不動産投資として使っている場合は、小規模宅地の特例を受けることができて、これによって半分程度まで相続税を抑えられる可能性があるのです。高額の不動産になればなるほど、この50%の軽減が大きくなってきますので、相続税ではかなり優遇されるといえるでしょう。
これは上で紹介した所得税や住民税の減税効果に付随するメリットですが、世の中のサービスの料金には、所得税に応じた料金など、収入に応じて値段が変わってくるサービスがあります。そんなサービスを利用する場合は、不動産投資による減税効果の恩恵をより受けやすくなるといえるでしょう。代表的なものに保育料があり、直接的な節税ではありませんが、金銭面での優遇措置として覚えておくとよいです。また、不動産投資をする場合は、経営に関係する諸経費を計上することができて、上で紹介した減価償却に加えて、経費も計上することで、より節税効果が高くなるかもしれません。ローンの金利などもありますので、節税効果のためだけに不動産投資をするのは危険ですが、不動産投資に取り組むのなら、これらの節税効果を軽視することはできませんので、ぜひ本格的な投資を始める前に覚えておくとよいでしょう。

▲ ページトップへ